BEAUTY COLUMN

コンプレックスをチャームポイントに

RAG/AGE本店のスタイリスト堀です。
働き始めて20年。今思い返すとなぜ髪の毛にコンプレックスをもっていた私が美容師になったのか不器用でお友達の髪にも、
長い髪にも憧れを持ったことのない子供時代…
ー1人の美容師が私に自信を持たせてくれたことー

思春期になると急に自分の髪が気になりだしました。
『どうしてこんなに硬いんだろう』
「どうしてこんなにくせ毛なんだろう」

硬い太い髪に自信を持てないまま過ごしました。

高校生になると自分で美容室を探しました。同じ悩みをもっていた友人に誘われて行った美容室でその1人の美容師に出会います。
彼女は私の髪の毛を丁寧に切ったあとスタイリングをしながら『形がつくりやすくていい髪だね!』と言ったのです。
初めて褒められた自分の髪が愛おしくなった瞬間でした。
彼女が作ったわたしのヘアスタイルは有名店でカットした時のどのスタイルよりも評判がよく、嬉しかったのを覚えています。
私も美容師になろうと思った瞬間でもありました。

美容師になるとお客様は誰もがコンプレックスや悩みをもっていることを知りました。

私は初めて褒められた瞬間、初めて髪の毛に愛着をもった日の事を忘れないように心がけています。
髪は自分に愛された瞬間からどんどんヘアスタイルの可能性は広がり、コンプレックスはチャームポイントに変化していくのです。

**ヘアケアにもこだわりをもって **

コンプレックスをチャームポイントに変化させていく上で重要な事がいくつかあります。
サロンではカット、カラー、パーマなどの技術を通してチャームポイントに変化させること。
しかし、これだけでは自分の髪の毛をなかなか好きになる事ができません。
重要なのは自分を知ること。
どんな癖があるのか
どんな状況で傷みやすいのか
どんなケアが適しているのか

などの状況を判断し適切なケア方法をお伝えしています。

私はサロンにある全ての商品の使用経験があります。
自分で体験する事で得られる事をベースに納得したアイテムをお客様のライフスタイルや髪質に合わせてご提案させて頂いています。





ケラスターゼアンバサダーフォーラムにて新製品や美容業界の動向について学びます。

**子供から多くを学ぶ**
1年間の育休を経て復職してからの7年間はこどもから学ぶことの
多さにびっくりしています。
経験や体験が成長させてくれるということ
仕事の楽しさや、働ける有り難さ
あらゆる時間は有限であるということ。
だからめいっぱい楽しむということ。



**休みはアクティブに。時には自然を満喫 **

何事も経験や体験が大切だと考える私の休日はとにかく出かけます
公園、映画、美術館、友人達とのバーベキュー、川遊び、海、山へのキャンプなど時には自然を満喫します。





東京タワーとスカイツリーは息子のお気に入りスポット 

たくさんの体験や経験を通してお客様により近づくことが出来ると感じ、歳を重ねるのもそう嫌なものでもないと感じる今日この頃、
年数は増しても私の願いは変わらない

ーお客様が自分の髪の毛に愛着をもち、チャームポイントが増えていきますようにー

熊谷・上尾地域No.1サロンを目指すプロ集団「ビッグサドー」